Motorhome Photo Blog

キャンピングカーの写真を撮ったり、情報の少ないキャンピングカーについて調べ記事にしていきたいです。

タグ:車中泊

DSC01986-30004


タイトル通り、行ってきましたよー。
時間を有効活用できればと、今回の旅は仕事終わりに寝台列車に乗って行きました。
DSC01963-10002
それにしても分かっちゃいましたが、やっぱりなかなか寝られません。
微妙に揺れるのでうとうとしては目が覚める感じ…十数年前に乗った時と同じです。そうは言っても個室に浴衣もついて、暖房の調整もできますから、かなり良い環境ではあると思います。
ま、こういう変り種の旅も楽しいものですよ。

朝の七時には東京について、慣れない乗換えを経て幕張へ。
お店もまだ開いてない時間なので、適当に時間を潰してから入場致しました。

最近のキャンピングカー業界はホント盛り上がってるんですねー!
かなり遠方に住んでいるので、今回初めて行ってきましたジャパンキャンピングカーショーですが、大変な混雑で、入場の行列も驚愕するほどでした。合計で6回ぐらいは折り返してましたね。
何百メートルかぐらいにはなってたのでは?
毎年こんなもんなのでしょうか。

ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

本文は「続きを読む」からご覧頂けます
続きを読む

2019-ltv-lineup
今回は個人的にかなりワクワクする車両を紹介したいと思うのですが、その前にビルダーであるレジャートラベルバン社について日本ではあまり知られていないように思います。輸入されている事例も無くはないようですが…。
レジャートラベルバン社はカナダのビルダーですが、その開発思想はやはりアメリカ式という事で、広い土地に広い道を走る大きい車。どうしても日本のような狭い土地には向かないサイズです。
しかしながら、創意工夫でやりくりする日本式や欧州式と比較して、余裕のあるサイズでふんだんに装備を盛り込んだアメリカ式モーターホームはリッチ。
日本では使いにくいだろうとか現実的な視点はひとまず置いといて、最新の大型キャンピングカーのいかなるかを見ていきましょう。


ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

本文は「続きを読む」からご覧頂けます
続きを読む

アドリアの車両はいずれも所有欲をくすぐる秀逸なデザインのものが多いのですが、今回はその中でも特別な内装の一台を紹介致します。

機能設備としては通常のモデルとさほど変わりありませんが、そうした機能の差異より、目に付くのはこの内装のかっこよさですよ!
adria-twin-600-sp-git-11144_600
上の写真はアドリア公式画像です。
鮮やかですね!
なかなかここまで攻めたデザインのモーターホームというと他に見当たりません。
黒を基調としつつオレンジを大胆に配色してレーシーに仕上げています。
これは大変なヤンチャぶりですが、間違いなくカッコイイです。ダイネットテーブルの色も濃い目のグレーで渋い。
背面がオレンジのバケット風シートだけでも欲しいですね。
通常の2列目シートはベンチシートといいますかソファ兼用になりますが、GiTでは2列目シートもセパレートです。

ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

本文は「続きを読む」からご覧頂けます
続きを読む

Piloteというビルダーのキャンパーバンですが、なかなか居心地の良さそうなインテリアを備えているものの、情報発信に積極的ではないのでしょうか、公式サイトではなかなか全容が掴みにくい様子です。
そんな中で分かる範囲でまとめてみました。
used_pilote_motorhomes_for_sale_21
ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング


本文は「続きを読む」からご覧頂けます
続きを読む

スウィフトはイギリスの大手モーターホームビルダーですが、日本では売り出されていないのかな?
スウィフトの正式代理店もあるようですが、トレーラーとログハウスの取り扱いのみのようですので、ここでリンクするのは控えておきます。
フィアットデュカトベースのキャブコンですが、最低全長5.99mから最大全長8.11mまでの全13レイアウトを展開し、多様なニーズに応えてくれます。
全長8.11mともなるとバスコン並、室内の余裕はかなりありますよ~
その代わり運転は慣れないと大変そうです。
swift_bessacarr
上が全13種類のレイアウトです。おしゃれなアイランドベッドとなると全長8.11mの599か599 Loungeのみの設定となるようです。
各レイアウトの違いとしてはダブルかツインのベッド、トイレシャワーの配置、収納数等が選べます。
いずれのレイアウトでもリビングにフロントベッドもしくはドロップダウンベッド(吊り下げ式ベッド)を装備。

室内装備としては一台もしくは二台のテレビ、Aldeのボイラーシステム、オーブンレンジ等を備えています。


電子レンジとオーブンレンジのいずれも装備しており、かなり本格的な料理ができそうです。
ワークトップが広いのも使い勝手が良さそうですよ。

[INT]-Bessacarr-560-Kitchen-[SWIFT]

キッチンの窓周りにも見られますが、カーテンにもハニカム模様が使われています。このデザインのルーツは見つかりませんでしたが、他にないかっこ良さですねー。
swiftshieldと関係あるのかもしれません。(車体と内装の汚れ防止、長期耐久性に自信があるようです)
shield
swiftsmart,swiftshieldのイメージ画像です。


ダイネットとベッドのレイアウトも色々なバリエーションがあります。
フロントダイネット、リアにダブルベッドもしくはツインベッドだったり、トイレシャワールームの配置も選べます。
最もゴージャスなのはやっぱりアイランドベッドですね。最大サイズの車体で空間を贅沢に使う豪快なレイアウトとなっています。

[INT]-Bessacarr-599-Island-Bed-[SWIFT]
とても広々としています…ホテルの寝室かな?(広角に映しているとは思いますが定番ですのでご愛嬌ですね)

バッサベッド
無造作に撮影した写真を見つけましたが、それでもかなり広々しています。
サイズは2.00m x 1.33m。

より小サイズのレイアウトではもう少しこぢんまりとした印象のダブルサイズのベッドですが、左側にオフセットしているものの1.99m x 1.31mとなっており、実はアイランドベッドとほとんどサイズは変わりません。
こちらの方が落ち着けるという方も多いかもしれませんね。
ヘッドボード上部にちょっとした物を置けるラックもあって工夫が嬉しい感じです。
全13種類のレイアウトとあって一つ一つ紹介することは困難ですが、とにかくこの中から一つを選ぶだけでも悩みが尽きず楽しそうです。



ランキング参加しています
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

キャンピングカーランキング

↑このページのトップヘ