Motorhome Photo Blog

キャンピングカーの写真を撮ったり、情報の少ないキャンピングカーについて調べ記事にしていきたいです。

カテゴリ: デュカト バン

どうにも気になるレイアウトのバンを見つけたので、昨日に引き続き連投致します。
デュカトのバンコンというと右スライドドアにキッチン、トイレシャワー、リアゲート前に横向き常設ベッドが定番ですよね。
もちろんそれも最も安定したレイアウトであればこそと思うのですが、人によってはもっと好きだ!といえるレイアウトのバンコンを見つけました。(例によって定番ではないので、実際の入手は大変だと思います)
実は私自身がこんなのあれば最高と思っていたレイアウトなのですが。
グループブランドにて2モデルあるようですので、まずはこちらからご覧ください。
V56-Dinette
V56-Bed
このレイアウト、個人的にかなり好きです。
リア左側にオフセットされた縦置きベッド。キャブコンは例がありましたが、バンコンでは珍しいのでは。
こちらはRAPIDOのV56というモデルで、全長は5.99m。
トイレシャワーもこのレイアウトに合わせて縦に長め。その分、ちょっと幅が狭いようですね。
rapido-v56-e16-01
rapido-v56-i16-01d
rapido-v56-i16-01n
一応、このモデルについてはキャンピングカーリンクス様にて掲載されているので輸入可能なのかと思いますが、ビルダーのサイトでは廃盤なのか?こちらのモデルを見つける事はできません。
中古車サイト等ではヒットするのですが…。
新車でのリアオフセットベッドモデルはちょっと入手困難なのか…。

しかしながら上記のディーラー様では同ビルダーのグループも紹介されておりまして、同じようなリアオフセットベッドのバンコンがDREAMERというビルダーにて生産されているようです。
それがDREAMER FUN D42なのですが、全長は先のV56より短い5.41m。
これは広々した土地では物足りないかもしれませんが、むしろ日本の道路事情にはベストマッチですよね。
まずは以下の写真を引用致します。
fourgon-d42-salon
fourgon-d42-cuisine-big
fourgon-d42-sdb-big
implants-big
全長が短くなった分何が変わったのかといいますと、大まかにはスライドドア横のオットマンが無く、冷蔵庫がキッチン収納と一体化した分、収納量が減った、というところでしょうか。
後は室内がちょっと窮屈に感じられるかもしれませんが、取り回しのよさ、コンパクトさと相反する事ですからこれは好みによるでしょうか。

先に述べました個人的な好みとしてはこの隅に寄せられた縦置きベッドは非常に落ち着くレイアウトと言いましょうか。横置きよりも秘密基地感がアップするように感じられます。

かなり良さそうなのですが、さて入手するとなるとどうでしょう…。
どなたかが先駆けとなって頂けたら嬉しいものです。







ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

とってもお久しぶりの投稿です。
夏場は冬眠ならぬ夏眠状態でした。近頃の猛暑は厳しいですね!
エアコンつきのキャンピングカーが羨ましい。

もう少し気温が下がったらまた車中泊の旅に出たいところです。

さてさて今回はYouTubeでやたらと再生数が伸びている動画を見つけたので紹介です。



こちらはGlobecarというドイツのビルダーさんのようです。

動画の内容としては初めにがらんどうのボディに穴を開けて断熱して家具を取り付けて、というイチからのメイキング。
次に多岐に渡るシリーズ車両のレイアウト、内装のディテール紹介。
最後に使用シチュエーションへ移ります。
全体で約15分ですが、つい通して見てしまいました。

よく見るデュカトバンコンの紹介動画ではシチュエーションイメージに留まっており、もう少し突っ込んだところが見たいんだけど…というのが多いですよね。
この動画では家具の裏側なんかも少しずつ見られるのが興味深いところですよ。

うーんそれにしてもやはり日本ではなかなかノビノビと走れる土地が少なく、山か市街地ばかりで、欧州やアメリカの光景は羨ましいです。
どこか広々とした土地…国内では北海道が一番でしょうか。

脱線しましたが、デュカトバンコンは改めていいなあと思いました。


ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

DSC02320-100022
かっこよい!


さて、色々と活動してはいましたが、筆不精で久々の投稿です。
本日は広島のはっさく大福が食べたくなったので突撃してきました。

DSC02323 (1)0002
これ私は結構好きなんですけど、周りは賛否両論です。はっさくが最高に邪魔って言う人もいるし、はさくがアクセントになって良いという人もいます。もちろん私は後者です。
お餅もつきたての餅っぽい食感でとてもおいしい!





それはさておき、せっかく広島に来たんだし、かねてより気になり続けているキャンパーバンを見てきました。
タイトルにありますローラーチーム リビングストーンですね。
デュカトベースは数ありますが、前の記事にて述べました通り、リビングストーンはMTが選べるのが良いんです。デュカトのシフトはなかなか良い感触ですので、ディーゼルのトルクを楽しむならやはりMTに乗りたいところ。
また、オプションカラーのゴールドもなかなか派手で良い感じです。
タイトル写真のカラーがそれです。
なお、撮影は許可を得ておりますが、店舗が写るのは望ましくないようでしたのでぼかしています。一応店名も隠しました。すぐ分かると思いますが…。

展示車両はキャブコンのゼフィーロもありましたが、興味があるのはリビングストーン。
ゴールドカラーにテンションが上がります。
DSC02318-300042

上の写真、カタログでも見慣れたウッドカラーですね。
正直、最近は淡い色合いのインテリアが流行っているので、ちょっともったりした印象が否めない…。
そう思っていたのですが、実は本国モデルではもっとホワイト寄りのインテリアカラーが設定されているんですね。
これが輸入されていればなー…なんて思っておりましたが、なんと見つけてしまいました。


DSC02314-10002
わあ!
あるじゃないですか!
私の好みですが、断然こっちのがかっこいいですよ~~
DSC02317-20003
シートカラーも合わせてあっていいですね!

ローラーチームの良いところは日本仕様に最初から変更されており、リーズナブルなところですが、ネックがこのインテリアカラーだったので、この新しいカラーが選べるとなると断然欲しくなってきました。

なお、この内装はリビングストーン アドバンスというモデルに採用されているようです。

こうした部分やMTで欲しいという気持ちがあるので、希望する内容で新規発注可能かとの質問については、可能だがかなり待たなければならないというお返事でした。
どうしても欲しければもちろん待ちますよね。
また、そうした注文に際しては細かい使用について本国と都度打ち合わせるという事でしたので、ひとまず相談するのが吉と思われます。
設定以外は断固NGと言われる事はなさそうで一安心です。

いずれにせよ、アドリアやハイマーに比べて露出の少ないローラーチームですが、高額過ぎず柔軟な選択ができて良いモデルと思いますので、盛り上がっていけばいいなーと期待しております。




ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

DSC01986-30004


タイトル通り、行ってきましたよー。
時間を有効活用できればと、今回の旅は仕事終わりに寝台列車に乗って行きました。
DSC01963-10002
それにしても分かっちゃいましたが、やっぱりなかなか寝られません。
微妙に揺れるのでうとうとしては目が覚める感じ…十数年前に乗った時と同じです。そうは言っても個室に浴衣もついて、暖房の調整もできますから、かなり良い環境ではあると思います。
ま、こういう変り種の旅も楽しいものですよ。

朝の七時には東京について、慣れない乗換えを経て幕張へ。
お店もまだ開いてない時間なので、適当に時間を潰してから入場致しました。

最近のキャンピングカー業界はホント盛り上がってるんですねー!
かなり遠方に住んでいるので、今回初めて行ってきましたジャパンキャンピングカーショーですが、大変な混雑で、入場の行列も驚愕するほどでした。合計で6回ぐらいは折り返してましたね。
何百メートルかぐらいにはなってたのでは?
毎年こんなもんなのでしょうか。

ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

本文は「続きを読む」からご覧頂けます
続きを読む

アドリアの車両はいずれも所有欲をくすぐる秀逸なデザインのものが多いのですが、今回はその中でも特別な内装の一台を紹介致します。

機能設備としては通常のモデルとさほど変わりありませんが、そうした機能の差異より、目に付くのはこの内装のかっこよさですよ!
adria-twin-600-sp-git-11144_600
上の写真はアドリア公式画像です。
鮮やかですね!
なかなかここまで攻めたデザインのモーターホームというと他に見当たりません。
黒を基調としつつオレンジを大胆に配色してレーシーに仕上げています。
これは大変なヤンチャぶりですが、間違いなくカッコイイです。ダイネットテーブルの色も濃い目のグレーで渋い。
背面がオレンジのバケット風シートだけでも欲しいですね。
通常の2列目シートはベンチシートといいますかソファ兼用になりますが、GiTでは2列目シートもセパレートです。

ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング

本文は「続きを読む」からご覧頂けます
続きを読む

↑このページのトップヘ