前回は温泉にinしてさっぱりしたところまで書きました

この時点で16:00頃でしたか。
この日、残りの時間でどこまで行こうかなと迷いがあったのですが、一里野高原ホテルろあんから出てすぐのところにスキー場の駐車場があって、一台も停まっていなかったので(当然)、ここで一泊しちゃおうかとか思いましたが、その思いを振り切って出発しました。

ところで今思ったんですが、こういう温泉併設のスキー場とかオフシーズンにRVパークとして活用したらどうなんでしょう。景観もいいし、きっと利用する側としては楽しいと思うんですよね。
とはいえ、管理側としては色々大変そうな気もしますし、まあ思いついただけです。

本文は「続きを読む」からご覧頂けます




ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング



※google mymapsで表示しています。
ルート選択できないので高速道路を経路として表示していますが、実際にはオール下道です。

二日目(5/1) 
16:00頃 石川県白山市の一里野高原ホテルろあん出発
18:00頃 道の駅 高松着
地図2
道の駅高松は能登半島の元有料道路が無料化した里山海道のSAです。
詳細はリンクをご覧頂くとして、この日もSAの駐車場はたくさんの車で溢れていました。
上り下りともキャンピングカー率も高め!

しかし、このSAは道の駅としても営業してますので、下道からアクセスも可能という事で、下道側の駐車場はほとんど空いてまして、せっかくなので気楽に駐車させて頂きました。
今回はせっかくなので海を眺めて一夜を、と思い里海館側。
ここで初めて輸入キャンピングカーを発見。アドリア マトリックス アクセス、旧型のデュカトベースでした。いいなあ。

この日はせっかく遠方まで来たのだし地元のお店でご飯をと思い、徒歩30分ほどの近場にある居酒屋で夕食となりました。
知らない土地で勢いで居酒屋に入るのもワクワクしますよね。
しかし、入ってみるとなんだかとにかくバタバタしてるお店でして…。
ゆっくりできない雰囲気だったので早めに食べて撤収しました。アラマァ

その後トボトボと歩いて帰り(一部街灯が無くかなり怖かった)、車内に引きこもって夜宴の準備です。
まずは結構な距離を歩いて汗をかいたので、お湯を沸かし、清拭料で体を拭いてさっぱり。
その後ベッドメイクしてからゆっくりとお酒を飲みつつ夜が更けていくのでした。


DSC02370-10002
朝!

すごくよく寝ました。
寝支度して目を閉じたらスゥっといってしまいました。
この日も5:30には起床。しばらく寝床でモタモタしておりましたが、6時前には片づけを始め、道の駅の自販機でコーヒーを買って出発しました。

寝起きから速攻で里山海道に乗って走ったのですが、早朝の能登半島はよい景色です。
緩やかな丘陵が続き、見通しがかなり良い土地なんですね。
西日本はどこも山が高いので、こうした緩やかな景色はとても楽しいです。
路上から撮影できれば一番良い眺めが撮れたのですが、運転中なので写真は控えました。
ここを含めとにかく移動に専念する気持ちが先行して、写真を全然撮っておりません。これは次の旅ではたくさん撮って挽回したいです。

DSC02377-20003
千里浜なぎさドライブウェイ

何気なく降りてみた千里浜なぎさドライブウェイですが、有名な走れる砂浜ですね!
たくさんの車が走っていましたが、写真にもありますように、こちらにもキャブコンが数台見受けられました。
とにかく期間中には大体のキャンピングカーは見れたんじゃないかな?と思うぐらいです。

DSC0238820002
DSC023950003
起伏の緩やかな田園風景ですね


DSC0239820004
風力発電だ

せっかくなので有名な棚田を見ようと思ったのですが、棚田の上に陣取った道の駅が満車で第二駐車場までパンパンでしたので、見るのはやめてぐるっとドライブして帰る事にしました。
ここまで700kmかけて走ってきましたが、私のGWは短いので急いで帰らないと…

地図3

この日はお昼頃に能登半島を出発し、再び来た道を引き返しました。
しかしなんとなく同じ道を帰るのもつまらないのでこの日は中間地点辺りの道の駅杉原紙の里・多可を目指しました。
またも黙々と走り、日が落ちても走り続けました。

あ、道中にハイマー エクシスiらしき車両を見ましたよ。
めっちゃでかい!

そうこうしつつ夜8:00を過ぎた頃、そろそろ道の駅まで20km程度まで近づいたところで、お風呂も入らないと、とナビで検索しますと、よふど温泉というのが見つかりました。
なぜかナビに酷道を案内されたので戦々恐々と走って到着し、さっくりとお風呂を済ませます。
ジェットバスの噴流がすごいお風呂でした。

その後再度周辺の道の駅を検索しますと、道の駅 農匠の郷やくのというのがかなり近くにありましたので、急遽目的地変更。
こちらは温泉やレストランなど色んな施設が入った複合施設のような感じみたいですね。
DSC_0076
明日には帰宅するつもりで、最後の晩酌はコンビニおつまみとともにかるーく一杯…。

なお、ここではキャブコン三台、トレーラー1台、軽トラキャン1台その他バンコン多数が停まっておりましたが、結構広いのでスペースにはかなり余裕がありました。
結構穴場かも。

そんな感じで最後の夜をすごし、翌朝から昼頃までまた走り通しで帰宅したのでした…。

という感じでただ果てしなく走りに行った旅でしたので…そういう目的の旅ではありましたが。
次はもっと日中ゆっくりできる場所に行きたいです。

しかし日中移動しっぱなしの割りにそこまで日々疲れなかったのは、やはりそれなりに就寝環境が良いからかな~と嬉しい気持ちもありました。
これから暑くなってくるので、また備えていかなければ。



ランキング参加しています 
良かったらクリックお願いいたします
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング