DSC02409-30004
GWだなァ^

このたびは何を思ったか高速道路を使わない旅、というのを思いつき、大変な人出の中、下道を延々走って能登半島に行ってまいりました!
こんなに走ったのはさすがに初めてです。疲れました…
夕方17:00にナビをセットした時点で、下道走行の到着時刻が翌朝の10:00と出た時点でオエェとなりました。

とにかく決めたのは能登半島で一泊、遅くとも5/4には帰宅という点だけで、後は何も考えてなかったのですが、ナビとスマホがあれば大体どこでも迷わず行けましたので、いい時代になったものです。
初めに反省ですが、何も考えない気楽な旅も、見つけ物があれば楽しいですし、何も無ければ何も無い一日になりますので、下調べも多少はすべきだったかなっというところです。

準備品は歯磨きセットや清拭料、ドライシャンプーと湯沸し用のカセットコンロ、後は寝具程度。
水はシンクの清水10リットルに予備タンク10リットルを用意し、飲用に水筒に水を詰めておきました。
もしキャンプ場が空いていれば…と思い椅子ぐらいは積んでおきましたが、全く使う事はありませんでいた。なんて混み具合だ…。

本文は「続きを読む」からご覧頂けます




ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング



※google mymapsで表示しています。
ルート選択できないので高速道路を経路として表示していますが、実際にはオール下道です。

 初日(4/30) 
17:00頃 福山市発
深夜0:00頃 京都着
地図1

仕事終わりの福山から速攻で準備して出発したのが17:00頃でした。
正直とにかく走れるだけ走って、初日になるべく能登半島に近づこうという魂胆だったので、特にどこへ到着しておこうという目的地はありませんでした。
幸い夕方以降の出発だったおかげか、混んでいるといっても渋滞に巻き込まれることも無く、無事国道二号線にはまり込んでプチ高速移動できました。
二号線は無料高速みたいな区間があるので、結構スイスイ走れ、道中は普段見ない景色も見れたので、この時はまだルンルンでした。

やめときゃ良かったとか思い出したのは兵庫県に差し掛かった頃ぐらいかな…すっかり暗くなってもまだ兵庫…というのがかなりの絶望感を醸しました。スマホでナビに音楽を飛ばしてたのが癒しでした。

途中マクドナルドで簡単に夕飯を食べた以外はひたすら走り、23時頃にもうダメだーとなったので、本日の宿を検索。近場に道の駅があったので、そこへ向かいました。
この頃には結構雨脚が強くなっておりましたね。

ここはホント疲労困憊で辿り着いたので何というところか忘れてしまったのですが、50台くらいは収容できそうな駐車場がほぼ満車(!)で、たくさんのハイエース(たぶんバンコン)と、普通車の車中泊利用者が多数、それとキャブコンが2台駐車していました。
それだけたくさんの車が止まっていますとさすがに静かとは言いがたく、初日はあまりよく眠れませんでした…

二日目(5/1) 
6:00頃 京都発
お昼頃 福井県の道の駅河野経由
15:00頃 石川県白山市の一里野高原ホテルろあんにて入浴
地図2
翌朝は混雑の道の駅からさっさと退散しようと思い、5:30には起床。寝床を片付けて6:00には出発しました。
(なぜか残りの旅程も5:30で起床する癖が)
あいにくの雨模様で、雨脚が強まったり弱まったりと変な天気。

今日はとにかく無心で走ろうと決意し、バイパスを使う等、時間短縮を図りつつとにかく走りました。
正直あんまりどう走ったか覚えてません…
雨の中運転するのも結構好きなんで、雨音がバラバラするのがとにかく楽しかった記憶です。

途中から無料高速道路もなくなり、福井県にさしかかる辺りでだいぶ西日本から抜けた感じがしてきました。
それに伴い、山越えの辺りから霧が濃くなり、ライトをつけないと対向車に気付いてもらえないレベルになってきました。
23011
結構走ったので、日本海側へ出てしばらくして現れた道の駅河野に立ち寄りました。
なんでここで写真撮ってないのかって、雨がバラバラ降ってたのもありますが、霧がとにかく濃くて、本来見える日本海側の景色が真っ白だったからです。
残念。

ここでしばらく車内で昼寝して…こういう時フルフラットはホント便利ですね。
眠気を覚ましてからまたひたすら走り、14:00頃に金沢市に入りました。

ここでそろそろお風呂を、と思い調べますとあちこちに温泉がありまして、どこへ行こうか結構迷ったのですが、最終的に一里野高原ホテルろあんに行く事に決めました。
ここ、何となく選んだのですが、とても良かった!
偶然の選択ですが、選べてラッキー!
DSC_0072

DSC_0073

なんとロビーに薪ストーブ。
このろあんは温泉旅館で、目の前がスキー場なんですね。
504d9aa9f3f2a_main
画像出典:うらら白山人
オフシーズンのこの日でも宿泊は満室のようでしたが、日帰り入浴客はゼロでGWなのに貸切でした。
露天風呂は小さいながら程よい温度で、木々を眺めつつ、ほんのり薪の燃える匂いを楽しみつつ贅沢なお風呂。
余談ですが、建物内にも薪の匂いが漂っていました。
入浴後は薪ストーブの前に陣取りアイスを頂きました。

次の機会には是非泊まりに来たいですね。

さっぱりしたところで再び能登半島を目指し出発したのでした。

続きます。



ランキング参加しています 
良かったらクリックお願いいたします
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング