土日休みが取れたので、納車されて初めてのちゃんと旅に行ってきました。
キャンプ?テント張ってませんけどね。
車旅は全くラクチンです。

目的地は兵庫県の日本海側にあります気比の浜キャンプ場というところ。
以前ここでキャンピングカー撮影もして知っていたのですが、実に気持ちのいい景色の海岸です。
全体的な景観を撮り忘れましたが、とにかく広くてオフシーズンなら場所取りも自由の無料キャンプ場です。

tizu
大まかな位置はこの辺です。
結構海水浴場としては有名のようですね!

ともあれ先に述べましたように休みが取れたので、ここで初めての一泊です(前回は訪れただけ)
泊まりだとどうなるのかあんまり想像してなかったのですが…。
とにかく前日までの天気予報で雨となっていたので、予定通り行けるかなーっと心配していたのですが、不幸中の幸い、午前中に雨は降ったものの、午後は晴れたのでした。
行きの道中では一時大粒の雨が降ってまさに暗雲立ち込める感じでしたが。
どうやらこの日は季節はずれの寒波で、雪が降った地域もあったようです。


DSC02095-10002
現地はこのような砂地に、一部木が立ち並んでおります。

DSC02105-1

海側はこんな感じ。
もっと色々撮ればよかったかな。
とにかくどこに陣取っても良いので、起き抜けに海が見られるように、リアゲート側を海へ向けてみました。

今回はせっかくなのでキャンプらしくカーサイドタープを張ってみようかと持ってきていたのですが、あいにく日中は風が強くて設営を断念しました。
なので陣地は以下のような

DSC02097-10002
車脇で荷物を広げただけという状況。雑然としてますね。
すかすかのオープン状態でキャンプらしさがないといいますか。

私の場合ですがキャンプは外で焚き火してお酒を飲むためのものですので…。
DSC02088-10002
現地の日本酒を楽しませていただきました。
ちなみに焚き火ですが、車を壁にする事でどうにか風を凌げました。
(一時寒過ぎて車内に避難してました。便利)

DSC02099-20002
まぐろを鉄板で焼いてみたり。
下に写っているのはグリルパンですね。
本来は魚焼きグリルに入れてムラ無く焼けるという便利アイテムですが、適当に材料を入れて焚き火に突っ込んでおけば大体食べれるものができますよ。

そんな感じで飲んで飲んでしてましたら夜も更けまして
DSC02118-40002
風も落ち着いて火もパチパチといい感じになりつつ、お酒がバッチリキマってまいりましたので、早めに寝る事に致しました。

DSC02056-20003
という事で、翌朝雨の予報だったので、最低限濡れたらまずいものを車内に避難させて就寝モードです。
バッチリ酔っ払ってましたので、写真は別の日に撮ったものです。
実際はもう一枚厚めの毛布もあったのでかなり暖かでした。




いい感じに快適だったのですぐに意識が飛び…翌朝の雨音で目が覚めました。
寝る時の雨音や波の音はどうでしょう。好き嫌いありますが、僕はかなり好きな方でして。
車体に落ちる雨の音はなかなか心地よく響きますね。
DSC02122-1

そんな感じで一晩楽しく過ごして、朝は早めに退散。

ところでこのキャンプ場のすぐ近くは有名な城崎温泉なのですね。知っている人には有名な話ですが、僕も朝から温泉に浸かってふやけさせて頂きました。
1_IMG_2177-thumb-510xauto-47
訪れたのは温泉街はずれの方にある鴻の湯。
城崎温泉の外湯は御所の湯とか一の湯なんていうところが検索で引っかかるんですが、この温泉街、駐車場が全然無くて…一箇所駐車場を発見してみると目の前がこの鴻の湯でした。
まここでいいか、って感じで利用させてもらいましたが、ちょうどいい広さのいいお風呂でしたよ。

そんな感じで、楽しい時間を過ごして帰ったのでした。


ところで最後に、キャンプレポから外れて車旅やキャンプ場の気付いた点を最後に。
良い悪い織り交ざっておりますが、

・車中泊キャンプはやっぱり良い。柔らかいベッドマットを敷いて快適に寝られますし、水もすぐ使えるので色々と便利。
・ファミリーワゴンSSは車中泊という観点で選ぶとほどほどのサイズ感で突撃旅行には便利。でもファミリーという名前はどうかな…ファミリーには狭すぎると思います。
・NV200はバンとして割り切ってるのかもしれませんが、高速道路では非力さがかなり気になりました。荷物満載では合流がちょっと怖かった…。
・気比の浜キャンプ場は良いところ。のびのびと過ごせます。
・ただ無料キャンプ場だからか、日中はひっきりなしに車の出入りがありましたので、ちょっと落ち着かないかも。それと、場所によっては結構砂が…。砂落としをしっかりしておかないと大変な事に。

今回はこんなところで!



ランキング参加しています 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 

キャンピングカーランキング